• 五條しんまち塾
  • 五條しんまち塾
  • 五條しんまち塾
シールで進捗を可視化したシート

改定された教科書を音読でフル活用!進み具合も”見える化”しました!

こんにちは!米田です。
中学の教科書の音読と、定期テスト対策勉強の進み具合の”見える化”を始めました。

音読

音読する子供

「音読は大事」、誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
教科書の改定により、ついに教科書本文の会話を無料で聞けるようになりましたね!
まだご存知でない方もいらっしゃるかもしれないので、音読の重要性と合わせて情報発信していきたいと思います。

そもそも音読って大事なの?

「黙読」「音読」「動画視聴」それぞれの脳の神経細胞の活性化状況

出典:学校法人 産業能率大学 総合研究所

「音読は大事」と聞いていても、科学的な根拠を聞いたことはないという方も多いのではないでしょうか?
“音読 効果 科学的”などとネットで検索すれば様々な科学的根拠を知ることができます。
例えば、”脳トレ”で有名な東北大学の川島隆太教授も、

「音読は大脳の70%以上の神経細胞が働く、脳のトレーニングに最適な方法の1つと言える。」

と仰っています。(上の画像は「黙読」「音読」「動画視聴」によって脳はどう働くかを調べ、比較したもの。)
塾で英語が苦手な生徒を見ていても、そもそもほとんどの単語を発音できなかったり、doesとdidを読み間違えたりします。
おそらく、その単語の長さや形で覚えてしまっているのでしょうね。
何かを始めるのに遅すぎるということはありません。
普段から音読していないという方は、今すぐ始めましょう!

英語の教科書のQRコードのリンク先では何ができる?

(この項では五條市で令和3年度以降使用されている”BLUE SKY English Course”の情報を扱います。)
英語の教科書の各ページにあるQRコードを読み取ると、リンク先から次の2つの学習ができます。

words

そのページの進出単語の『発音』・『日本語訳』が確認できます。
日本語訳の表示はオン・オフの切り替えが可能で、1つ1つの意味を自分でテストすることも簡単にできます。

本文

そのページの本文の音読を聞くことができます。
途中で一時停止も可能なため、1文ずつのリピート練習も容易いです。

ただし、任意の時点から再生する機能がついておらず”聞き取れなかったところを少し戻して聞く”といったことはできません。
難しいところの反復練習がしづらいため、これは塾で出来るだけ毎回確認・指導するようにしています。
ちなみに、五條しんまち塾では”テスト範囲のページはテストまでに30回は音読、そして日本語訳を見て英語で音読できる状態”を目標に、皆頑張っております!

学習の進み具合の”見える化”

シールで進捗を可視化したシート

入試対策の勉強や、教科書の音読などの進捗状況を”見える化”しました!
数学の入試対策の勉強であれば、正答率80%以上なら青シール、正答率100%なら赤シールを貼る。
英語の定期テスト対策の勉強であれば、音読の日本語訳をすれば黄シール、さらに合計15回練習できれば緑シール、といった具合に項目だけでなくシールの色で進み具合もわかるように工夫しています。
ちなみにこの”見える化”には大きく2つのメリットがあると考えております。

メリット1:”スモールステップ”で心理的ハードルを下げる!

勉強以外のことでもそうだと思いますが、「難しい、何から手をつけて良いかもわからない」となると、そもそも何もしたくなってしまいますよね?
それを防ぐために、目標を分解して、より小さな目標を細かく設定・”見える化”してあげることで、「これならできそう!」と思うことができます。
例えば、上述したように五條しんまち塾では”テスト範囲のページはテストまでに30回は音読、そして日本語訳を見て英語で音読できる状態”を目標と伝えています。
でも多分、これを伝えるだけでは大抵の生徒は目標達成できません。
そこで、上の写真のように各ページ毎でマスを作り、

  • 音読の日本語訳をすれば黄シールを貼る
  • さらに音読15回できれば緑シールを貼る
  • 音読30回できれば赤シールを貼る

と段階を分けて目標を細分化し、家庭学習のペースを考えてあげることで、無理なく、確実に目標に近づいていくことができます。

メリット2:自分の頑張りも”見える化”してモチベーションUP!

このように”見える化”して進めていくことで、目標だけでなく、”自分がどのくらい頑張って勉強したか”ということもシールの量や色で実感でき、モチベーションUPに繋がります。
中学の生徒たちはテストの点数や通知表という結果でばかり評価されがちですが、結果をだすためにもまずは日々の努力の積み重ねが大事です!
その過程を自他共に評価してあげるという意味でも大切な役割をしてくれます。

おわりに

このように、先生と生徒で一緒に家庭学習の計画を立てながら、『自立』に向けて勉強していけるよう引き続きサポートしていきます!
この”見える化”はご家庭でも取り入れられると思いますので、よろしければ項目を宿題やお手伝い、習い事の練習などに変えて取り組んでみてください。

また、もし塾を検討されており、このブログでご紹介したように『音読を活かした英語指導』や『自立を目指した指導』にご興味がある方は、ぜひ五條しんまち塾までお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

  • 理念 0747-32-8472
  • 理念
トップへ戻る
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ
Scroll Up